不動産投資に興味を持たれている方を補助するインフォメーションサイト

>

不動産投資の特色と最低ラインの把握

金融商品としての不動産投資の優位性

不動産投資はその目的によって運用方法が異なり、それぞれメリット・デメリットがありますが、不動産投資の優位性は、少額からの運用が可能な点と目的に応じて不動産経営と不動産売買を選択できる点にあります。

特に不動産経営に関しては、リフォーム費用や管理費用といった人件費を自主作業で削減できる点は費用削減の強みとなりますし、物件の整備は投資目的の不動産売買にも効果があるため、不動産経営と不動産売買のいずれを目的にしている場合でも、時間と労力に余裕があれば、下調べをしたうえで取り組む価値が十分にあるでしょう。

この他、不動産投資には株式と違い株価下落に強い点もメリットとなりますが、経年劣化や自然災害による物件の崩落や倒壊のリスクといったデメリットもあることは理解しておくべきです。

不動産投資における利回りの最低ラインとは

他の金融商品に比べて不動産投資は利回りの最低ラインに幅がありますが、これは運用益と売却益のどちらに重点を置くかによっても変化します。

仮に運用益を目的としているのであれば、物件が中古であれ新築であれ、8パーセントが利回りの最低ラインとなりますし、売却益に重点を置くのであれば、利回りの最低ラインは5パーセント以上が望ましいでしょう。

このように中長期の取引を主とする運用目的と、短期の取引を主とする売却目的では、不動産投資の利回りに要求される最低ラインも異なるため、求められる知識も当然異なります。

不動産取引に興味がある方は、御自身の目的とマッチした運用方法を選ぶためにも、不動産取引に関して一定以上の知識を修める必要があるのです。


この記事をシェアする